コンフリクトメタルへの対応方針

コンフリクトメタルへの対応方針

弊社はコンフリクトフリーの材料のみを使用しています。

人権侵害、環境破壊を引き起こす武装集団がコンゴ民主共和国(DRC)及び周辺9か国で採掘される鉱物資源を資金源としていることが伝えられています。
これに対し、米国において金融規制改革法が2010年7月21日に改正され、米国市場に上場する企業が証券取引委員会(SEC)に提出する年次報告書で、コンフリクトメタル(紛争鉱物)の使用について情報開示が義務付けられることになり、さらにその詳細については2012年8月22日米国証券取引委員会において採択されました。
コンフリクトメタルの対象鉱物は、コンゴ民主共和国と近隣9か国から産出される、タンタル、錫、金、タングステンの4種類の鉱石です。
弊社は、はんだメーカーとして、上記4種類の鉱石の内、はんだの材料となる錫(Sn)をRMAP (the Responsible Minerals Assurance Process ssessment protocols)に適合した精錬業者のみから購入しています。
デューディリジェンスの取組として RMI (Responsible Mineral Initiative 旧CFSI)が発行するTemplate  RMI_CMRTを調査ツールとして使用しています。お客様へもこのフォーマットでご報告いたします。
弊社は今後も引き続き、責任ある原料調達を実践し、安心して弊社製品をご使用いただけるように取り組んでまいります。

page top